ramras
1987年シアトル市生まれ。ブリティッシュ・コロンビア大学アジア言語専門学部卒業。2011年まで鹿児島県阿久根市にて外国語指導助手として勤務し、和食や陶芸など、さまざまな日本の文化に接した。料理好きが高じて和包丁の翻訳も手掛け、現在は日本でのツアー通訳ガイドなど、シアトルを拠点に通訳者兼翻訳者として活動中。アマチュア陶芸家でもある。 訳書: 『Aritsugu 京都・有次の庖丁案内』(小学館) 寄稿: 「外国人が心底吠える「和包丁」の意外な魅力(東洋経済ONLINE)」 :http://toyokeizai.net/articles/-/151545 「Enchanted: An Encounter With Aritsugu and Japanese Cooking」 :http://toyokeizai.net/articles/-/140992
ramrasの記事一覧
ラーメンとカクテル
出汁とは何か?