ペンタゴン

「ペンタゴン」とは何か?

 アメリカは言わずと知れた軍事大国。政府機関はもちろんのこと、民間にも軍事関連企業が多く、ロシアや中国などの大国を抑えて世界一の軍事力を保持すると言われている。そんなアメリカの軍事国防を統括するのが米国防総省、通称「ペンタゴン」と呼ばれる組織である。

 ペンタゴンは首都ワシントンD.C.から至近のバージニア州アーリントン市に本部を置き、軍の管理を含む国防全体に関わるミッションのすべてを管理する政府機関だ。ペンタゴンの名の由来は、本部の建物の形がペンタゴン、つまり五角形を模っているため。この名称は本部ビルだけを指すものではなく、五角形の本部に象徴される政府軍事関連機関・国防総省の「総称」である。国防総省は英語で「Department of Defense」なので、この頭文字を取って「DoD(ディー・オー・ディー)」と呼ぶことも多い。

従事する人間は、アメリカ人口の1%。つまり、その数は……

 ペンタゴンは、想像を絶するほど大きな組織だ。傘下の軍を入れれば関連組織は世界中に点在し、従事する人間の数はなんとアメリカの人口の1%にあたる320万人を超える。ペンタゴンは現状、世界で最も巨大な組織でもある。

 また、あまり知られていないが、アメリカにおける国防(軍)のトップは、国防長官ではなく、アメリカ合衆国の大統領である。大統領の直下に国防長官室があり、その下にさらに細分化された内局がある。

アメリカのビジネスは、ペンタゴンなしには語れない?

 それだけ巨大な組織には、ビジネス・チャンスを求めて群がる企業が多いことも想像に容易だろう。ロッキードマーティン社やボーイング社といった、武器や戦闘機を製造する類の直接的な軍事関連企業ならずとも、ペンタゴンを取引先にしたい一般企業は山ほど存在する。そのため軍事関係出身者を積極的に雇い入れる一般企業も少なくない。たとえば誰でも知っているような世界企業を例にとるなら、マイクロソフト社はその良い例だろう。

 もっともマイクロソフト社の場合は、退役や除隊した軍人のためのセカンドキャリア(第二の人生支援)プログラムの一環としての積極採用である面も大きい。同社が軍人たちが退役後に新しいキャリアを持てるように支援するプログラム、「Microsoft Military Affairs」を運営していることは、日本ではほとんど知られていないかと思うが、このように軍事大国アメリカでは、軍事に直接関係する企業でなくとも米軍と密接に関わっていることが多いのである。


<カイゾンコーテ著書>

『ハードワークでも折れない心のつくり方』(KADOKAWA刊)

『ペンタゴン式目標達成の技術』(幻冬舎刊)

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事