子供用デビットカード

アメリカの子供たちの“おこづかい事情”

日本では、子供たちの「毎月のお小遣い」は現金が一般的だろう。しかし、クレジットカード社会のアメリカでは、子供に現金を渡す親はほとんどいない

 そもそもアメリカでは、多くの州で13歳以下の子供が家の中にひとりでいたり大人の同伴なしで外出することが禁じられているため、「小遣い片手に、子供がひとりで近所にお菓子を買いに行く」というような微笑ましい光景は、ほぼ見ることができないという社会的な背景もある。

 渡された現金の使い方から子供が金銭感覚を学ぶことは重要だが、現金社会ではないアメリカでは、なかなか簡単にはいかない。

子供たちはクレジットカード社会をどうやって学ぶのか?

クレジットカード社会の現実を子供たちに、どうやって学ばさせるのを悩む親たちも多い中、さまざまなクレジットカード会社が、子供たちに与えても安全なカードを提供している。

 最も支持されているのが、「Greenlight」というデビッドカードだ。親の承認なしには決済ができない仕組みで、アプリを通じて親が子供の支払いに関与できる。カードそのものは無料で、毎月の料金は$4.99(約530円)。有料でカード用途をカスタマイズできるサービスもある。

 写真メッセージ機能を使って、事前に子供から親へ「この商品を購入していいか?」と聞くこともできる。アプリを通して子供とやり取りすれば、子供は親に相談しながら買い物ができるので、親が知らない間に露出度の高い洋服や、禁止されているゲームやガジェットを購入することも防げる。

子供たちにファイナンシャルの責任をもたせる

 この「Greenlight」のほかにも、子供を対象としたデビットカードは「FamZoo、「BusyKid」、「Gohenry」など、いろいろある。機能が少し異なったり、値段設定が異なるので(たとえばカード自体は$7.99(約850円)だが月額サービス料金が無料など)、親たちは自分の子供の年齢や、子供に学んで欲しいことに合わせて、サービスを選んでいるようだ。

 日本ではクレジッドカードを使った翌月に全額精算、あるいは金額を均等に割った「リボ払い」が一般的だろう。しかしアメリカでは、最低支払金額さえ毎月支払えば、自分でその月の返済金額を決めることができ、かつ支払い期限を特に定めることなく、それを続けられる仕組みになっている。そのため、クレジットカードをいくつも作って最低支払金額だけを払い続け、結果的に借金が膨れて自己破産してしまうケースは後を絶たない。

 それゆえに、アメリカでは親たちは、「将来、子供たちが多重債務を抱えないように、正しい金銭感覚を教育する必要がある」と考える人が多く、「幼いうちから、子供に金銭的自立を促す機会を与えたい」ということで、これらのカードの需要が高いようだ。

記事を検証する!

 「Greenlight」は知り合いの数人が子供に持たせており、その使い勝手の良さを聞いています。だいたい14歳くらいからカードを持たせることが多いようで、いずれはウチも娘たちに練習としてカードを与えるつもりでいます。我が家の場合は長女が11歳なので、こうしたサービスはまだちょっと早いですが、すでに「株のトレード」は主人に教わりながら始めています(ちなみに8歳の娘も、です)。アメリカ社会は、ここ数年で急激に変化を遂げているので、実際に社会に出た時に困らないスキルは出来るだけ教えようという親が多いように思います。どんな状況でも、自分の足で立ち「稼げる術」は、アメリカ社会においては必須教養と言えるでしょう。

by Junko Goodyear

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事