プラスチック廃止を見越したアイデアを打ち出した少年

環境シャンプー

 アメリカのビジネス業界において、このところ特に注目度が高いエリアのひとつが「環境問題を考慮した商品」の開発だ。プラスチックストローの利用を廃止するなどの動きが高まる中で、ある少年の斬新なアイデアから生まれた新たなビジネスがる。

それが当時14歳だった少年、ベンジャミン・スターン君が考案した「ボトルが必要ないシャンプー」だ。ベンジャミン君は2016年に米人気TV番組「シャーク・タンク」(アメリカ版「マネーの虎」)に出演。億万長者の投資家として知られる実業家マーク・キューバン( Mark Cuban)氏が約1千万円の投資を申し出て話題をさらった。

 ベンジャミン君は高校を卒業後、クラウド・ファンディングの「Indigogo」上で商品開発の支援キャンペーンを決行。たった3日で目標額の200%を達成した。こうして生まれた「NOHBO Drops」は商品化され、今では環境に意識が高い人の間で、なくてはならないブランドにまで成長した。

シャンプーはサロンクオリティーの「オールインワン」

 シャンプーは使い心地がよく、サロン・クオリティーの「オールインワン」タイプ。ヘア・コンディショナー、ボディーウォッシュ、シェービング・クリームの役割も果たすオール・ナチュラルの植物性由来原料の優れものだ。シャンプーは水に溶ける小さなパウチ(ドロップ)に入っいる。

  水に溶けるこのドロップは、ローズマリー・ミントとサンダルウッドの軽めの香り。一般流通はしておらず、同社のサイトに加え限られたショップでの取り扱いになる。そんな「限定感」も手伝ってか人気が沸騰し、商品が売り切れてしまうこともあるようだ。

 「プラスチック製の容器をバスルームからなくそう」というメッセージと共に、エコ・フレンドリーな商品を提供する同社。しかし「環境問題に配慮する」こと以外にも、ポッドの手軽さや旅行などに携帯する利便性、ボトルが必要なくなったことで生まれるスペース(省スペース)といった副詞的要素も支持されている理由だ。

10代起業家を積極応援する土壌があるアメリカ

 ベンジャミンくんに代表されるティーン世代は、俗にいうZ世代。この世代は一般的に「地球にやさしくありたい」と考える人や、「メッセージ性のある商品を買いたい」という人たちが多いが、彼のように意識の高い若者たちの中にはそうした思いを形にし、起業に乗り出す人も多いし、10代で事業を成功させるというケースも少なくない。

 ベンジャミンくんの場合もそうであったが、特に二十歳に満たないような若い起業家であっても「アイデア」がよければ投資家たちは事業応援を惜しまない。若い起業家の哲学や夢、可能性に対しても有形無形問わず、手を差し伸べることは珍しくないと言えるだろう。まだまだ「アメリカン・ドリーム」というものは存在する、と言えるのかもしれない。

記事を検証!

NOHBO Drops」は商品化された時から注目していたシャンプーで、私も購入したことが1度あります。その時も生産が追い付かずに、注文してから手元に届くまで5ケ月もかかりました。使い心地はとてもよく、ボディウォッシュとして使っても、シャンプーとして使っても、何も問題がない使い心地でした。私は日ごろ、非営利団体の理事をしている関係でティーンエイジャーと接することも多いのですが、「NOHBO Dropsって聞いたことある?」と質問してみたら、かなり多くのティーンたちが商品を当然のように知っていました。文中にもありますが、Z世代は本当に環境問題に意識が高い世代でもまります。ともすると大人よりもデータや科学的根拠に基づく様々な情報に詳しかったりして、驚くことも。彼らから何かを学ぶことも多いです。

by Junko Goodyear

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事